1. トップページ
  2. 転職エージェントを最大限活かす

転職エージェントを最大限活かす

転職エージェントに登録をしたら、
是非ともそのメリットを最大限活かすようにしてください。

そのためには、あることをしなければいけません。

ここでは転職エージェントを上手に使うことで、
より有利に転職活動を進める方法を紹介していきます。

転職エージェントに対して待ちの姿勢ではダメ!

転職エージェントを最大限活用することで内定を手に入れよう!

転職エージェントに登録をすれば、向こう側から求人情報が提供され、
待っていれば転職は進んでいくと思っていませんか?

実はその考えは大きく間違っています。

転職エージェントを最大限利用するには、
登録後に自らアプローチをかけることが重要。

しかし、ほとんどの転職者の方はアプローチをかけることなく、
待ちの姿勢で利用しているケースが多いのです。

転職エージェントの使い方が成功率を上げる!

これでは転職を成功させることはできません。

では、どうして自らアプローチをかける必要があるのか?

それは「情報提供に差が生まれてくるから」です。
この点について詳しく説明します。

自ら動けない転職者には情報が回ってこない!?

実は転職エージェントに対して、細かく連絡を入れていないと、
提供される求人情報の量は減っていきます。

それは、、、

  • 転職エージェントは更新日時が新しい人から情報提供をする
  • 記憶に残っている人に優先的に情報が回される

という2つの大きな理由があるからです。
この点について詳しく説明させていただきます。

転職エージェントは更新日時が新しい人から情報提供をする

まず、エージェント会社の情報提供の流れを知りましょう。

会社は情報提供をする際に、企業のニーズに合わせて
自社のデータベース内にある転職者の情報を検索します。

それによって出てきた該当者のリストに対して
求人情報を提供する仕組みになっているのです。

ここでポイント!

実は検索で表示されたリストは更新日時が新しい人から
順番に表示されるようになっています。

つまり、、、更新日時が早い人から情報が提供されるのです。

これには「情報が古い人=既に転職活動を辞めている可能性が高い」と考えられており、
情報が古い人は連絡をするだけ無駄になることが多いからなのです。

結論!
転職者はできる限り更新日時を最新にしておく必要がある!

これを肝に銘じておいてください。

そして、覚えておいて欲しいのが、更新日時は選考を受けた情報だけでなく、
面談や電話連絡をしたことも更新日時として記録されるということ。

どれだけエージェントと細かく連絡を取り合えるかによって
情報提供の量は変わってくるのです。

記憶に残っている人に優先的に情報が回される

もう1つ覚えておいて欲しいことがあります。

それがエージェントの記憶に残っている人は情報が
提供されやすい
ということです。

基本的に転職者の情報はデータベースの検索で
探すようになっているのは先ほども説明したとおり。

しかし、エージェントが個人的に「この人にぴったり!」と
思った場合にも求人情報を紹介してもらえることがあるのです。

なぜなら、エージェントは企業に転職者を採用してもらってこそ
初めて自分の成果になるから。

つまり、どれだけあなたの印象を植え付けておくことができるかも
重要なポイントとなる
のです。

エージェントから随時情報を提供してもらいやすいように工夫することが重要!

印象を植え付けるためには、適度に連絡を取り合い、
自分のことを知ってもらうのが重要というわけです。

以上の2点から、転職エージェントを最大限活用するためには
積極的に自らアプローチをかけることが大事なのです。

でも、ここで注意をしなければいけないことがあります。

常識をわきまえてアプローチをかけるように!

転職エージェントに積極的にアプローチをかけるときに
注意しなければいけないことが3点あります。

  1. 毎日のように連絡をするのはNG
  2. 相手に敬意を持って接するべし
  3. 報告は忘れないように

それぞれの点について簡単に説明をします。

転職エージェントに嫌われないための3つの注意点!

1.毎日のように連絡をするのはNG

「積極的にアプローチだ!」と思って、
用事もないのにアプローチをかけるのは辞めてください。

また、希望の求人がないと言われたのにも関わらず、
1週間も経たないうちに連絡するのもダメです。

このような空気も読めずに、自己都合で連絡をする人ははっきり言って嫌われます。

印象を植え付けることはできますが、それはネガティブな印象。
多くても2週間に一度くらいのペースで連絡をするようにしてください。

2.相手に敬意を持って接するべし

転職エージェントが無料のサービスであり、なおかつ情報を提供してもらえることもあって、
横柄な態度で接する人がいます。

しかも、結構いるそうです。

ですが、横柄な態度を取る人に対して、エージェントは求人を紹介したり、
丁寧に面談に応じようなどとは思いません。

往々にしてそのような人は選考を受けても落ちる人が多いという
印象を私も持っています。

エージェントに接するときには横柄な態度を取ることなく、
常に礼儀をわきまえ、感謝の気持ちを持って接するようにしてください。

3.報告は忘れないように

積極的にアプローチをしてきたから求人情報を紹介したものの、
結局、返答がない・・・このような人もエージェントは嫌がる傾向があります。

また、選考を受けた後にどのような質問を聞かれ、
どのように返答したのかもエージェントは知りたいところ。

それらの報告をせずに「求人情報はないか?」と聞かれても
エージェント側は情報を提供する気にならないのは覚えておくべきなのです。

以上の3点がアプローチをかけるときの注意点です。

くれぐれも自己都合だけで行動をしないように!
最低限の常識を持ってコミュニケーションを取るようにしてください。

まとめ(転職エージェントは活かしてなんぼ!)

最後にこのページで説明したことをまとめます。

  • 転職エージェントに登録しただけではダメ!
  • エージェントに対して自らアプローチをかけることが重要
  • 求人情報は積極的に連絡を取った人に提供される
  • アプローチをかけるときは常識を持って接するように!

これらのポイントをしっかりと頭の中に入れて
転職エージェントを利用してください。

上手に活用することができれば、これほど便利で心強いサービスはありません。
ぜひ、最大限活かせるように行動を起こしていってください。

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について