1. トップページ
  2. 30代で技術職(電気・電子・機械・自動車関連)の転職を希望する方へ

30代で技術職(電気・電子・機械・自動車関連)の転職を希望する方へ

電気・機械系の技術職への転職を希望する人は
どのように転職活動をすれば良いのか?

選考では何をアピールするべきなのか?ということを詳しく説明していきます。

技術職として新たな環境・領域で仕事をしたいと考えている人は読んでください。

技術職(電気・電子・機械・自動車関連)の転職で大事なことは?

転職市場において企業から引き手数多な職種が
電気・電子・機械・自動車関連の技術職です。

なぜ、この職種の人材が求められるのか?
それはそもそもの技術職の人材が少ないからです。

その理由は新卒採用が大きく影響しています。

技術職(電気・電子・機械・自動車関連)の仕事に就職するための条件としては
大学時代や専門学校時代に工学科などに所属していなければいけません。

数多くある学部の中で、限られた学部しかこれらの技術職の仕事に就くことができないのです。

しかも、技術系の学科に在籍していた場合でも、文系職(営業・企画・マーケティングなど)や
ITエンジニアなどへ就職する人も少なくないため、技術職として仕事をしている人は
必然と他の職種よりも少なくなるのです。

当然、転職をする場合でも、電気・電子・機械系などの職種に
文系職だった人材が転職することはできません。

そのため既に技術職として働いてきた人は、かなり有利に転職をすることができるのです。

では、技術職の人はどのようなことに注意をして転職活動をすれば良いのか?
注意する点は以下の3点です。

  • 希望条件に合った求人情報を厳選しよう
  • 転職の計画(スケジュール)は綿密に
  • 自分のキャリアプランを明確にしておく

それぞれのポイントについて詳しく説明します。

希望条件に合った求人情報を厳選しよう

はっきり言って、技術職(電気・電子・機械・自動車関連)の
求人情報は他の職種と比較しても多い分類に入ります。

それはどの会社も技術職の人材不足に困っているから。

特に最近はアジア圏を中心とした海外での事業展開・工場展開なども
盛んに行われているため、企業は優秀な人材を欲しがっているのです。

ですので、焦って希望よりも低いレベルの求人に飛びつかないように!
求人情報を厳選しながら転職活動をしていってください。

ちなみに電気・機械系の求人情報を多数持っている転職エージェントは以下のようになっています。

  サービス名 求人件数
1位 リクルートエージェント 公開:1,157件/非公開:10,852件
2位 マイナビエージェント 公開:165件/非公開:2,130件
3位 DODAエージェントサービス 公開:2,212件
4位 JAC Recruitment 公開:1,436件
5位 [en]社会人の転職情報 公開:303件

※各社のホームページより参照(詳細は各社のHPで確認してください)

少なくとも上位4社から2社には登録をして、
自分の希望にあった求人情報を漏れなく手に入れる
ようにしてください。

転職の計画(スケジュール)は綿密に

現在も仕事をしている人の多くが、何かしらのプロジェクトに
所属して仕事をしているかと思います。

そこで問題となってくるのが転職タイミング。

できることなら、現在の職場や取引先の企業に迷惑をかけない
プロジェクトの合間に転職できるのがベスト
となります。

これはプロジェクトを途中で放棄する人を企業は好まないだけでなく、
今後取引先の企業だった会社と、再度仕事で付き合う可能性もあるかです。

そのため、転職をする前にはどのようなスケジュールで
転職活動をしていくべきなのか、綿密な計画を立てる必要があります。

スケジュールとして押さえておくべきポイントは

  • 選考にかかる時間
    →1~2ヶ月を想定しておいてください
  • 現在のプロジェクト終了予定日
    →プロジェクト終了直前に退職願いを届けられるのがベスト
  • 現在の業務の引き継ぎ期間
    →プロジェクトが終了してすぐに退職というわけにはいきません
    2週間ほどは業務の引き継ぎ期間を見込んでおいてください
  • 新しい会社への入社タイミング
    →新しい会社に対してにいつ頃入社できるかを報告するため

この4点を考えて、いつから転職活動をスタートして、
いつ終わるかの計画をしっかりと立ててから行動に移すようにしてください。

中途半端に動き始めると様々な人・会社に迷惑をかけることになります。
社会人としてそれだけは避けるようにしてくださいね。

自分のキャリアプランを明確にしておく

選考ではこれまでに培ってきた技術・経験・キャリアを
中心にアピールすることになります。

できる限り具体的にどのような仕事に取り組み、どんなことができるのかを
しっかりとアピールできるように準備をしていってください。

それに加えて大事なのがキャリアプランです。

理系職(研究・技術職)での転職には
「なぜ今の会社から転職を希望するのか?」という質問がついて回ります。

ここでただ単に「環境を変えたかった」「年収を増やしたい」「ポジションを上げたい」
などの理由で回答するのはNG。

将来的にどのような技術を身につけたいのか?
どんな人間になりたいのか?
会社(社会)に対して、どう貢献したいのか?

ということをしっかりと自分のキャリアプランとして組み立てて、
上昇志向を感じられるアピールができなければ高い評価はしてもらえません。

他の転職者と技術以外の部分で差を付けるためにも
キャリアプランを描くことは忘れずにおこなってください。

まとめ(電子・電気・機械系の転職者は有利!だからこそ妥協しないで!)

ここでは技術職(電子・電気・機械・自動車関連)の転職を
希望する人のための情報を説明しました。

要点をまとめると

  • 技術職の人材は不足しており、転職は有利!
  • 希望条件に合致した求人を厳選しよう
  • 転職活動では計画(スケジュール)組みが重要
  • 転職動機はキャリアプランに沿って考えること

これらのポイントを押さえておけば内定はグンと近づきます。

今後も日本の企業が世界に進出していくことを考えると、
技術職の転職者に対するニーズは高まってくることが予想されます。

30代での転職はあなたの人生において大きなターニングポイントになることは
間違いありませんので、転職先の選択に失敗しないように!

転職エージェントと細かくやり取りをするなど、
あなたにとって最良の転職先を見つけられるように転職活動を進めていってください。

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について