1. トップページ
  2. 30代で専門職(コンサルタント・金融・不動産・流通)の転職を希望する方へ

専門職(コンサルタント・金融・不動産・流通)の転職を希望する方へ

文系職の中でも専門的なキャリア・知識が必要となるのがこの職種です。

この職種はかなりの激戦職種となりますので、
事前にしっかりと準備をしておかなければ転職に失敗します。

ここでは専門職(コンサル・金融・不動産・流通)関連への
転職活動の方法を説明します。

専門職(コンサルタント・金融・不動産・流通)への転職対策は?

専門職(コンサルタント・金融・不動産・流通)への転職はズバリ!かなり難しいです!
その理由としては、

  • 求人数が少ない(離職率が低い)
  • 他業界の優秀な人材も狙ってくる(コンサル→金融など)
  • 高収入の求人を狙った転職者が多く応募してくる
  • 専門的な知識スキルが求められる

これらの理由から、転職者同士でかなりの激戦になることが多く、
転職をしたくても、なかなか内定をもらえないケースが多いのです。

では、これらの職種に転職するためには何をすれば良いのか?
具体的には以下の3つの行動は欠かさずやってください。

  • 1つでも多くの求人情報を集める
  • 企業のニーズをしっかりと掴む
  • これまでのキャリアを洗い出し、自らを演出する

この3点について詳しく説明していきます。

1つでも多くの求人情報を集める

どの職種にも共通していえることですが、まず大事なのは求人情報を集めることが最優先です。
特に専門職の求人情報は少ないです!

応募条件にあった求人を手に入れることは至難の業であるため、
あらゆる媒体を利用して、求人情報を手に入れてください。

なかでも非公開求人を抱えている転職エージェントの利用は不可欠。
各社で抱えている求人数を比較すると、

  サービス名 求人件数
1位 リクルートエージェント 公開:38件/非公開:1,458件
2位 マイナビエージェント 公開:125件/非公開:1,104件
3位 DODAエージェントサービス 公開:984件
4位 [en]社会人の転職情報 公開:181件
5位 JAC Recruitment 公開:150件

※各社のホームページより参照(詳細は各社のHPで確認してください)

このなかでもリクルートエージェントの求人数は群を抜いており、
登録は欠かせないもの
だと考えておいてください。

また、専門職(コンサルタント・金融・不動産・流通)へ転職をする場合には、
転職エージェントと選考で何のキャリアをアピールすべきかの認識を、しっかりと摺り合わせる
必要があります。

そのことから、選考などのアドバイスに定評があるDODAエージェントサービスへの
登録も欠かせないと私は考えます。

1~3位までの会社には登録しておいて、決して損はありませんので必ず登録するようにしてください。

企業のニーズをしっかりと掴む

求人が殺到する専門職への転職において、企業研究は欠かすことができません。

選考を受ける企業が、どのような人材を求めているのか?
入社してからどのような働きをして欲しいのか?

ということをきちんと把握しておかなければ、他の転職者と
差を付けることができず、内定を手に入れることは難しくなります。

ですので、選考を受ける前には必ず企業研究をして、企業がどの分野に強みを持っているのか?
将来的にどの事業に力を入れたいと考えているのかを理解しておくようにしてください。

ちなみに自分1人で企業研究をしても調べきれない場合には、転職エージェントに相談して、
どのような企業であるかの情報を手に入れるようにしてください。

エージェントとの密な連絡が内定を手に入れる鍵となります。

これまでのキャリアを洗い出し、自らを演出する

キャリアを重視される30代の転職活動では
当然こととですが、これまでのキャリアを洗い出すことは必須。

まずは、どのような経験をして、どれだけの成果を残してきたのかを
事細かに洗い出すようにしてください。

そのうえで、企業ごとののニーズにあった内容をしっかりとアピールすることが重要です。

「そんなことは当たり前だろ!」

と思うかもしれませんが、実はキャリアの洗い出しをしっかりやり、
企業ごとにアピールする内容を変えることをしている人は少ないのです。

洗い出してみればわかるはずですが、あなたのキャリアは1つだけではないはずです。

にも関わらず、1・2個のキャリアをまとめただけで満足してしまい、
それしかアピールしない人が多いのです。

それではいつまで経っても内定を得ることはできません。

どんな些細な経験でも良いので、自分のキャリアはできる限り細かく洗い出して、
いつでも選考で使えるようにアピール方法を考えておいてください。

以上が専門職を希望する人の転職対策です。

まとめ(専門職への転職は難しい!だからこそ準備は万端に!)

このページでは専門職(コンサルタント・金融・不動産・流通)への
転職を希望する方のための転職対策を説明しました。

大事なポイントをおさらいすると、

  • 専門職(コンサルタント・金融・不動産・流通)は激戦職種
  • 他の転職者と差別化を図るために準備は万全に
  • 求人情報が少ないので、転職エージェントへの登録は欠かせない
  • 多岐にわたる企業のニーズをしっかりと理解しておこう
  • どんな些細なキャリアでも洗い出し、企業に応じてアピールポイントを変えていこう

以上が転職活動をするうえで覚えておいて欲しい情報になります。

専門職(コンサルタント・金融・不動産・流通)というのは、
特殊なスキル・知識・経験が求められるため、そう簡単には転職はできません。

また、応募条件が絞られているからこそ、他の転職者と差別化を図ることが難しく、
適当にアピール内容を考えていてはいつまで経っても内定を取ることはできません。

ですので、いかに企業のニーズにあった人材であるかをアピールできるかが勝負の鍵となります。

企業のニーズをしっかりと把握すると同時に、それに合致したキャリアを
アピールできるようにたくさんの手玉を用意しておくようにしてください。

そして、企業ごとにアピールする内容を変えることができれば内定はグンと近づきます。

キャリアの洗い出しに妥協せずに取り組むようにしてください。

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について