1. トップページ
  2. 第一印象(容姿・姿勢)は超重要

第一印象(容姿・姿勢)は超重要

面接において意識をしておいて欲しいのが面接官に与える第一印象です。
人の評価というのは第一印象によって大きく左右するところがあります。

人に対する印象をどう演出するかによっても、選考の通過率が変わるのです。
ここでは良い第一印象を与えるために注意するべきことを紹介します。

面接の第一印象で気をつけるべき4つのポイント

面接において話す内容と等しく大事なポイントとなるのが第一印象です。

注意!この第一印象を甘くみるのは禁止!

どれだけ素晴らしいことを言っていても髪がぼさぼさだったり
清潔感がない人に対して企業は高評価をすることはありません。

なぜなら、企業は面接の場で「これからこの人と一緒に働けるか?」「この人と働きたいか?」ということをチェックしており、そのときに第一印象はかなり大きなウェイトを占めることになるからです。

では、第一印象はどこのようなポイントで評価されるのか?
具体的に以下の4つのポイントで決まります。

  • 服装
  • 身だしなみ
  • 姿勢
  • 表情

この4つのポイントについて、何に気をつければ良いのかを一覧にまとめてみました。

第一印象で好印象を残すためのチェックリスト

服装 共通 スーツが体のサイズに合っているか
スーツにシワが寄っていないか
スーツの襟や肩にフケが溜まってないか
ワイシャツは白か淡い色のものを用意できているか
スール・ワイシャツにアイロンはかけたか
ワイシャツは白、もしくは薄めのカラーシャツか
靴はキレイに磨かれているか
男性 黒・紺・グレーのいずれかを用意できているか
派手な色・柄のネクタイではないか
腕や足の袖の長さは短すぎないか
女性 黒・紺・グレーのスーツ、もしくはブラウスを用意できているか
スカートの丈はひざが少し出るくらいの長さになっているか
派手なアクセサリーを身につけていないか
身だしなみ 髪の毛はぼさぼさになっていないか
髪の毛で顔が隠れてしまっていないか
髭はキレイに剃られているか
持ち物(鞄・時計など)が高価すぎるものではないか
鞄が汚れてしまっていないか
女性は化粧が濃すぎないか
派手なマニキュア・口紅などを塗っていないか
姿勢 椅子には背筋を伸ばして座っているか
背もたれにもたれかかっていないか
手は膝の上に置かれているか
足は組まず揃えられているか
表情 口角を上げて明るい表情を作れているか
顎を引きすぎて表情が暗くなっていないか
表情筋が硬くなっていないか
相手の目を見て話すことができているか
面接官全員と目があうように話ができているか

これらが高評価を得られる第一印象を作るためには欠かすことができないチェックポイントです。
それぞれの項目について以下にて補足説明をします。

4つのチェックポイントに対する補足説明

服装

基本スーツを着用がルール。それ以外はないと考えてください。シワや汚れがないかを事前にチェックして、清潔感を意識するように。また体にフィットしたサイズのスーツを着ていくことも忘れずに!大きすぎたり小さすぎたりするとだらしない印象を与えてしまいます。出かける前には靴が汚れていないかもチェックしてください。

身だしなみ

まずは清潔感がある髪型になっているかの確認を。寝癖などは言語道断!髪の毛が顔にかかるだけで暗い印象を与えるので要注意。髪の色は基本的に黒。女性であれば少し茶色でもOKですが、明るすぎると常識がないと考えられ低評価となります。男性は整髪料などを付けてきちっとした印象を与えよう。持ち物については高級ブランドで身を固めないように。人によっては嫌みにしか見えないです。

姿勢

面接をする部屋に入るときや椅子に座っているときの姿勢などもチェックされています。だらしなく歩いていたり、椅子にもたれかかるように座る人は確実に不合格となるので気をつけてください。そのため面接の時間は常に背筋を伸ばすことを徹底するようにしてください。

表情

表情というのも少し意識をするだけで全然与える印象が変わります。面接ではどうしても緊張して表情が硬かったり、顎を引いてしまい表情が暗くなってしまいがちです。ですので、表情が明るくなるようにまずは顔の筋肉をマッサージをすることをオススメします。子供だましのように思うかもしれませんが、かなり効果があります。特に朝早い時間に面接を受けるときには、必ずやるようにしてください。

パッと見たときに相手に好印象を与えることができれば、
面接においてかなりのアドバンテージを得ることになります。

些細なことのように思えるかもしれませんが、欠かすことができない大事なポイントですので、
必ず意識を持ち、改善できる部分はやるようにしてください。

話すときは滑舌良く大きな声で

見た目の問題にプラスして覚えておいて欲しいのが声のトーンです。
声のトーンも第一印象に大きく関わってきます。

面接官からの質問に対してボソボソ・ダラダラ話すようなことがあれば、内定はもらえませんので、
以下の3点に注意してください。

  • 滑舌を意識する
  • 大きな声で話す
  • 文章をきちんと区切って話す

それぞれについて詳しく説明します。

滑舌を意識する

何を言っているかわからない場合、面接官はそこにばかり気が取られてしまいます。はっきりと滑舌良く話すことで相手に自分の伝えたいことをしっかりと伝えられるようにしてください。

大きな声で話す

小学生に言うような内容ですが、意外にも多くの転職者がボソボソと話してしまいがちです。あなたも声が聞き取れない人に対して低評価をするのは納得できるはず。このような部分で評価を下げないためにも注意をしてください。

文章をきちんと区切って話す

これまでの人生の中で、ずっと区切りなく話す人に出会ったことがある方もいるはずです。「○○しましてーそれで××だと思ったんですけど-私としては納得がいかなくてー次に自分がやるのであればー・・・」というような話し方をずっと続けられると、何を伝えたいのかがわかりません。最近の若い子だけではなく、30代の転職者の中にも、このように話す人は大勢いるため、しっかりと話を区切って相手が理解しやすいように伝えるのを心がけよう。

「そんなこと言われないとわからないの?」
と思うかもしれませんが、実際には言われないとわからない人の方が多いです。

せっかく魅力的なキャリアがあるにも関わらず、
話し方だけで損をしてしまわないように話し方の演出も忘れずに!

まとめ(第一印象で落ちることは大いにありうる話です!)

ここでは面接における第一印象について説明をさせていただきました。
大事なポイントとしては

  • 話す内容と同等レベルで第一印象は重要
  • 面接では「この人と一緒に働きたいか?」という部分もチェックされている
  • 服装、身だしなみ、姿勢、表情の4点には細心の注意を
  • 明朗快活な話し方をすることで好印象を与えよう

以上は必ず覚えておいて欲しいポイントとなります。

転職活動においては、人に与える印象値というのが内定率を大きく左右する大事な要素となります。

あなたの周りにも「なんでこんなに仕事のできない人が転職を成功させられるの?」
という人がいたはずですが、それは印象が良かった可能性が非常に高いです。

時に印象というのは面接で話す内容よりも重視されます。
それは面接は一緒に働く仲間を見極めるコミュニケーションの場だからです。

ですので、第一印象で損をするのは非常に勿体ない!

少しの工夫と改善で、印象というのは良くも悪くも変えることができるため、
自分の努力で改善できる部分は必ず取り組むようにしてください。

こうした些細なことを積み重ねられる人ほど、転職を成功させられる可能性は高いですよ!
第一印象を改善することができたら、次はいよいよ質問に対する回答を考えていきましょう。

Next Step→30代の転職で聞かれる鉄板質問集(←注目!!)

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について