1. トップページ
  2. 最後の質問で入社意欲をアピールする

最後の質問で入社意欲をアピールする

面接の最後にはかなりの高確率で
「○○さんから質問はございますか?」と聞かれます。

この転職者側からの質問を甘く考えてはいけません。
実はここにも企業が転職者を評価する要素が含まれているのです。

このページでは転職者からどのような質問をすればよいのか?
注意すべきポイントを説明します。

転職者に「質問をしない!」という選択肢はない!

面接の最後にはほぼ必ずといってよいほど、
転職者から面接官に対して質問する時間を設けてもらいます。

まず最初に覚えておいて欲しいこと、それが、
「転職者からの質問をしない=不合格となる」ということです。

ここで質問をしないというのは、選考を受けている企業に対して、
興味がないととらえられてしまうのです。

逆に言えば、的確な質問をすることによって、
「入社意欲が高い」という評価を得られることにも繋がります。

ですので、このチャンスを最大限活かすために
最低でも5つの質問を事前に考えておくようにしてください。

質問は最低5つは考え、流れによって使い分けるべし!

では、どうして最低5つもの質問を考えなければいけないのか?
多くの人は「1~2個でも良いのでは?」と思うかもしれません。

5つ考えておいてほしいのは、
面接の流れに応じて、質問する内容を選択することができるからです。

例えば、給料と残業についての質問だけ用意していた場合、
面接の流れによっては、面接中に相手から話を切り出されてしまうことがあります。

その場合、改めて給料や残業についての質問をするわけにはいきません。

結局、パッと質問が思いつかず、なんだかわからない中途半端な質問をしてしまい、
評価を下げてしまう・・・
ということにもなりかねないのです。

このような可能性を踏まえて、多様な5つの質問を用意しておくことで、
どのような場合にも臨機応変に対応できるようにしておくのが望ましいのです。

管理人がオススメする5つの質問内容

では、具体的にどのような質問をすれば良いのか?
ここで私がオススメする5つの質問を紹介します。

  • (転職を希望する)部署が抱えている課題はどのようなところでしょうか?
  • 御社の雰囲気はどのようなものでしょうか?
  • 今後拡大を考えている事業はございますか?
  • 転職者に一番求めているものはなんでしょうか?
  • 入社後の業務の引き継ぎ、研修などについてお教えいただけますか?

それぞれの質問について詳しく説明をします。

(転職を希望する)部署が抱えている課題はどのようなところでしょうか?

抱えている課題がなんなのかを聞くのは失礼と思うかもしれませんが、そのようなことはありません。この質問を聞くことで、次回以降の選考の回答にも役立てることができます。また、課題を聞きだし、そこに共感、改善方法を考えることで、入社後も一緒に働けるという印象を与えることもできます。

御社の雰囲気はどのようなものでしょうか?

面接官が人事部の人であった場合にオススメ。管理部門の部署の人からの客観的な意見から会社の雰囲気を伝えてもらえるため、入社するときの参考材料となります。また、入社する意欲が高いこともアピールできるため、好都合な質問です。

今後拡大を考えている事業はございますか?

会社として力を入れていきたい事業がなんなのかを知ることによって、こちらも次回以降の選考に活かすことができます。「以前の面接で○○事業に力を入れたいということでした。是非自分もキャリアを活かして携わりたいと考えています」ということで、仕事に対する意欲もアピールすることができます。

転職者に一番求めているものはなんでしょうか?

転職者には成果を出すことが当然求められていますが、それ以外の部分を希望している企業は多数あります。例えば「社内の活性化」「若手と役員クラスとのパイプ」「新規事業の開拓」「新規顧客の開拓」など相手の要望を知ることができれば、次回以降の面接でその部分もアピールすることが考えられます。

入社後の業務の引き継ぎ、研修などについてお教えいただけますか?

30代での転職だからといって業務の引き継ぎなしに仕事をさせられるということはありません。入社後の不安を解消するためには聞いておくべき質問です。またこの質問をすることによって、入社意欲が高いことをアピールできるのもメリットと言えます。

以上の5点を質問内容として頭の中に入れておくことをオススメします。

また、これにプラスして、

  • 転勤などはありますか?
  • 昇進などはどのような頻度で行われていますか?
  • 部署内のコミュニケーションをはかるため会社でやっていることはありますか?

など、福利厚生や労働条件についての質問についても、
手玉として用意しておけば転職者からの質問に対しては難なくクリアできます。

では、次に質問をするときの注意点についても説明します。

質問をするときに気をつけなければいけない3つのポイント

質問する機会を与えられたからといって、
何でもかんでも質問すれば良いというわけではありません。

気をつけなければいけないのは以下の3つ。

  • なんの前情報もなく事業に関する質問をするのは危険
  • 給与、残業、休暇についての質問は避けよう
  • 面接官に応じて質問を使い分けよう

これらの注意点について詳しく説明します。

なんの前情報もなく事業に関する質問をするのは危険

事業について質問をするときに、何の考えもなく
質問を切り出すのはリスクがあることを覚えておいてください。

「○○事業についての今後の展望をお聞かせください」
という質問はいっけん素晴らしい質問のように聞こえます。

しかし、企業側から回答後に「あなたはどう思われますか?」
と逆に質問を返され、何も答えることができないと返ってマイナス評価
となります。

また企業研究が不足していると、その事業を縮小しようと企業が考えていた場合
「うちのことを何も知らないんだな」という評価をされることもあります。

その事業・業界に対して精通していれば、事業に関する質問は最高のアピールとなりますが、中途半端な知識しかない場合には、リスクも伴いますので充分気をつけて質問をするようにしてください。

給与、残業、休暇についての質問は避けよう

福利厚生についての質問は比較的思いつきやすく、
質問もしやすいように感じます。

しかし、給与・残業・休暇についての質問はしない方が良いです。

「給料はいくらくらいになりますか?」→お金目的の転職か・・・
「残業はどれくらいありますか?」→忙しくても残業をしてくれないかも・・・
「年間の休暇はどれくらいありますか?」→休みのことに興味があるのね・・・

というように、どちらかといえばネガティブな印象をもたれるケースが多いです。

また、面接官としては「それを聞いてどうするの?条件次第ではうちに入社してくれないの?」と勘ぐられてしまうこともあるので、良い質問とは言えません。

質問をするのであれば、転勤・昇進・社内の風土などについての
質問に留めておいた方が良いと言えるのです。

面接官に応じて質問を使い分けよう

最後にもう1つだけ覚えておいてもらいたいのが、
面接官にあわせて投げかける質問を変えていくべき!ということです。

というのも、例えば人事部だけが面接官の場合、
事業についての質問を聞かれても詳しく答えることはできません。

逆に、転職先の部署の人が面接官の場合に、会社の福利厚生について
聞かれても答えることはできないのです。

このように相手が答えにくい質問をしてしまうと、
相手も良い気持ちがせず、微妙な空気のまま面接で終えることになります。

そのような相手よりも、面接官側もスムーズに回答をして、
気持ちよく面接を終えさせてくれる転職者の方が印象が良い
のです。

そんな細かいことまで!?
と思うかもしれませんが、相手の立場にたって物事を考えるのは重要です。

ですので、面接官も気持ちよく答えられる質問を投げかけられるかが
大事な肝となることを覚えておいてください。

以上が質問をするときに注意するべきポイントとなります。

まとめ(最後の質問もアピールポイントだと考えよう)

このページでは面接の最後で設けられる転職者からの質問についてまとめさせてもらいました。
大事なポイントをおさらいすると、

  • 「質問をしない=入社意欲がない」ととらえられるので要注意!
  • 質問の内容が入社意欲のアピールとなることを覚えておこう
  • 最低5個の質問を考えておき、使い分けられるように
  • 事業の内容を聞くときには前もって企業研究をしておこう
  • 面接官に応じて質問を変え、相手が気持ちよく答えられるようにしよう

このポイントを理解して質問をすれば、必ず高評価を得ることができます。

そして、「たかが質問でしょ」
と考えるのではなく、面接の評価ポイントの1つとしてマジメに考えてください。

面接はどれだけ事前に準備をして、自分を魅力的な人材であると演出できるかが
内定を得られるかに大きく左右します。

「自分自身を素直に伝えたい」
「これまでのキャリアは急に質問されても答えられる」
「自分の印象は悪くないはず」

などというように甘く考えて面接を受けている人はほぼ100%の確率で不合格となります。
事前にしっかりと準備をすることが、他の転職者と差を付け、内定を得るためには欠かせないのです。

そのことをしっかりと覚え、面接対策をしてください。

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について