1. トップページ
  2. 30代の転職で聞かれる鉄板質問集(←注目!!)

30代の転職で聞かれる鉄板質問集(←注目!!)

転職活動は行き当たりばったりで乗りこなせるほど楽なことではありません。

事前にどれだけ準備をし、面接における回答を用意しておけるかで
内定を取れる確率は大幅に変わってくるのです。

では、どのような回答を用意すれば良いのか?
ここでは鉄板の質問集とその回答方法を説明します。

30代の転職者が知っておくべき面接の質問集

30代の転職活動では、20代と比較しても企業からの質問が想定しやすいという特徴があります。
その理由は、

  • 30代はキャリアが重視されるため
  • 20代のようにポテンシャルを測るような質問は聞かれにくい
  • 企業として会社の中核を担って欲しいと考えている

特に20代での転職活動となると、転職者のポテンシャルや考え方を聞きたがる
傾向があるため、少し変わった質問をしてきます。

例えば、
「○○(社会問題)について、あなたの考えを聞かせてください」
「自分で引っ張るタイプのリーダーと、下から支えるタイプのリーダー、どちらが良いですか?」
「あなたが大事にしている価値観はなんですか?」

これらの質問をして、本当に転職者の能力を推し量れるのか?
という疑問はありますが、この3つとも実際に過去に友人が聞かれた質問です。

それに比べて、30代の転職ではあなたのキャリアや企業に対して、
どの部分で貢献できるかを聞いてくる質問が中心
となります。

・・・と言いますが、それ以外の質問をしてくると、すぐにタイムオーバーとなるため、
企業としてもキャリアについての質問を中心にする傾向が非常に高いのです。

では、具体的にどのような質問を聞かれるのか、また質問に対する回答方法を紹介します。

ほぼ100%質問される鉄板質問集

鉄板質問については、大きく2パターンに分けることができます。

  • 基本質問(あなたの転職動機・希望条件に関する質問)
  • キャリア関連の質問(これまでの実績、今後のキャリアプランなど)

具体的には以下のような質問です。

基本質問

  • 自己紹介をしてください
  • 残業は可能ですか?
  • 転勤は可能ですか?
  • 収入など入社条件はございますか?
  • いつから入社できますか?

キャリア関連の質問

  • 当社への応募理由を教えてください(=志望動機)
  • 現職を辞めようと考えた理由は?(前職を辞めた理由は?)
  • 現職(前職)の仕事内容を教えてください
  • あなたがこれまで出してきた成果(実績)を教えてください。
  • 当社でどのような仕事をしたいですか?
  • 将来的なキャリアプランをお聞かせください。
  • 他社への応募状況を教えてください

面接のほとんどがこれらの質問によって構成されるため、
まずはこの鉄板質問集に対する理想的な回答方法を紹介します。

基本質問

自己紹介をしてください

面接のはじめは自己紹介からスタートします。ここでは名前、年齢、社会人何年目なのか?現職(前職)では何をしているのか?ということを簡潔に説明してください。ポイントはだらだらと話さないこと。自己紹介からキャリア・実績を含めて話すのは会話のキャッチボールができない人と思われます。要注意です。

残業は可能ですか?

働き方についての質問で最も多いのが残業について。当然、ここで「残業はできません」「残業代次第です」などと答えては内定をもらえるわけがありません。答えるならば「残業は可能です。もちろん、残業にならないようにしっかりとスケジュールや業務の管理をして仕事を進めます」と答えられればベストです。

転勤は可能ですか?

転勤についての質問は素直に答えるようにしてください。ここでできもしないのに「転勤ができます」と答えると後々かなり面倒なこととなります。既に持ち家がある方や、家族のことなどをしっかりと考えて、嘘をつかずに答えるようにしてください。

収入など入社条件はございますか?

入社条件について、あらかじめ転職エージェントなどに伝えているのであれば、企業側にも要望が伝わっているため相違がないように伝えて欲しい。また求人情報に書かれた年収条件と希望とで大きな差がある場合には、選考中は「問題ありません」と答え、内定を獲得した後に交渉するようにしてください。(そちらの方が交渉が通りやすいです)

いつから入社できますか?

入社時期についても必ず聞かれます。入社は遅くても30~45日程度で入社することを伝えるようにしてください。「現職での引継ぎなどを踏まえて、45日程度をいただけるとありがたいです」と時間がかかる理由も併せて伝えるようにしてください。

ここまでが基本質問に対する回答のポイントです。

これらは100%を超え、120%聞かれると言っても過言ではありません!
必ず回答を考えておくようにしてください。

キャリア関連の質問

当社への応募理由を教えてください(=志望動機)

面接では志望動機は必ず聞かれます。ここで大事なポイントとなるのが、キャリアプランを考えたうえでの転職であることと、選考を受けている会社に転職したい動機をしっかりと合わせておくことです。他の会社でも通用するような動機を企業は求めていません。各社ごとの志望動機を回答するためにも企業研究は欠かさずに!

現職を辞めようと考えた理由は?(前職を辞めた理由は?)

志望動機に近い質問ですが、ここではマイナス面を強調した質問になります。ここで「現職では自分のやりたいことができないから」「職場での人間関係が微妙だから」「年収が低いから」などのネガティブな回答は禁止!本当の理由は何であれ、ポジティブな回答ができるように回答を準備しておくようにしてください。

現職(前職)の仕事内容を教えてください

直近の仕事内容を伝えるようにしてください。ここでは仕事内容をできるだけ簡潔に伝えることが重要。「現職では○○の営業を▲▲年間担当しています。主な販売物は■■で、年間で●●万円の予算目標を達成しています」というようにポイントを掻い摘んで説明すればOK。ここにエピソードなどを加えると話が長くなるため、一度面接官にパスを返すようにしてください。

あなたがこれまで出してきた成果(実績)を教えてください。

1つ前の質問に対して、さらに突っ込んだ話を聞かれるときには、このような質問になります。ここでのポイントは成果・実績ですので、エピソードを交えて、具体的に話をするようにしてください。特に数字情報などを明確に伝えられると望ましいです。「何年も連続して予算目標を達成しました」よりも「8年間連続で予算目標を110%達成してきました」という方が話の信ぴょう性がぐっと高まり、評価も高くなります。

当社でどのような仕事をしたいですか?

希望職種に合わせた話をすれば良いのですが、営業職に募集しているのに「営業職として貢献したいと考えています」では不十分。「営業職として貢献すると同時に、長期的には人を活かせるマネージャー層としても成長したいと考えています」と中長期的なプランについて言及をするようにしてください。

将来的なキャリアプランをお聞かせください。

このようにキャリアプランをストレートに聞くケースは少ないかもしれませんが、面接ではあなたの考えるキャリアプランを絡めて話をすることが大事です。そのため、自分のキャリアプランを伝えること、また選考を受けている会社に転職することが、自分にとってどのようなメリットがあるのかを伝えられるようにしておいてください。

他社への応募状況を教えてください

面接の終盤には他社への応募状況を聞いてくる会社も少なくありません。ここで「10社ほど選考を受けています」と伝えてしまうと「うちに一番に入りたいわけではないのか」「内定を出しても辞退される可能性が高いな」と思われてしまいます。ですので、このような質問を受けた場合には「現在は3~4社ほどの企業の選考を受けています」と少なめに伝える方が好ましいです。

以上がキャリアに関する質問集です。

何度も繰り返しますが30代での転職においてはキャリアが重視されます。

そのため、これらの質問に対する回答を考えておくことはMUSTだと考え、
必ず回答を準備しておくようにしてください。

まとめ(想定される質問はすべて回答を用意しておくのが鉄則!)

このページでは30代の転職でほぼ100%聞かれる質問をまとめました。
大事なポイントをおさらいしておくと、

  • 20代よりも30代の方が質問を想定しやすい
  • 30代の転職者はキャリアに関する質問を中心に回答を考えるべし
  • 面接での受け答えはだらだらと話すのではなくシンプルに答えられるように
  • 実績やエピソードを話すときなどは数字情報などを明確に伝える
  • 自分の考えに「選考を受ける企業に入社したら」という要素をプラスする

これらのポイントを必ず理解しておいてください。

私は面接の通過するためには、
「どれだけ事前に質問に対する回答を考えておけるか?」という点にかかっていると思います。

ですので、想定できる質問については漏れなく回答を考えておくことは
欠かすことができない条件だと考えています。

先に準備できることはすべて用意をしておけば、イレギュラーなことが
あったとしても、柔軟に対応できる余裕が生まれます。

また、面接の結果によって、回答に対する振り返り&改善をすることもでき、
次の選考の通過率もどんどん上がっていきます。

毎回の面接が行き当たりばったりの回答にならないように、
できる限りの事前準備をしておくようにしてください。

そして、面接対策の最後は転職者側からの質問についてです。
地味に大事なポイントとなるので確実に押さえておいてください。

Next Step→最後の質問で入社意欲をアピールする

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について