1. トップページ
  2. 異業界・異職種へ転職する方法

異業界・異職種へ転職する方法

やりたいことを実現するために異業界・異職種への転職を
希望する人のためのページです。

異業界・異職種への転職を成功させるためには
必ずやらなければいけないことがあります。

ここでは、その転職を成功させるためのテクニックを紹介します。

異業種・異職種への転職は不可能ではない・・・ですが・・・

異業種・異業界への転職活動を成功させるための鍵を紹介します!

はたして、キャリア・実力重視の30代の転職でも異業界・異業種への転職はできるのか?

結論・・・転職することはできます。
しかし、簡単に成功するわけではありません。

一般的な難易度としては下にいけばいくほど難易度は高くなります。

同業界・同職種
異業界・同職種
同業界・異職種
異業界・異職種

という順番になっており、転職活動では同業界・同職種の転職者とも
競わなければならないため、そう簡単には転職を決めることはできません。

(もちろん、企業が専門的な知識・技術を求めている場合は転職はほぼできません)

他の転職支援サイトでは「転職できる」と軽く書いてありますが、
そんな簡単なことではないことはきちんと理解しておくべきです。

もちろん、世の中には業界や職種に関わらず「未経験者歓迎」という求人情報はたくさん存在しており、特に営業系の仕事は未経験の業界でも比較的採用されやすい傾向もあります。

つまり、異業界・異業種の転職をするためには、事前にしっかりと業界・職種ごとの
特性を把握して、それに見合った対策を取る必要があるのです。

業界ごとの難易度を知る

まずはじめは業界ごとの転職の難易度を理解しておいてください。
具体的な難易度は以下の通り。

転職しやすい業界 金融(保険・証券・貸金業)、住宅メーカー、不動産販売、外食産業、
教育(塾講師系)、小売り、通信系(営業)、運送・配送、人材(派遣・転職)
転職しにくい業界 マスコミ関係、クリエイティブ系(デザイン・制作)、IT企業(SIer)、
金融(銀行)、メーカー(食品・化学・電気系)、医療系

基本的に転職しやすいのは人材の流動が激しい業界です。

それらの業界は転職サイトでも大量の広告を出しているため、
よく求人情報を目にしている人も多いのではないでしょうか?

とはいえ、
「転職がしやすい=人材の流動が激しい=激務の可能性が高い」
ということはくれぐれも理解をしておいてください。

人がそれだけ必要というのは、それだけ辞める人が多いということの裏返しですからね。

入社をしたけど、仕事量が多すぎてすぐに退職・・・
などということになったら、あなたのキャリアにも傷が付きます。

その点はきちんと理解をしておいた方が良いです。

逆に転職しにくい業界というのは専門的な知識が必要であったり、
そもそも退職者が少ないために求人が少ないという傾向があります。

転職しやすい業界は
それだけ厳しい環境ということ。転職するときには要注意!

当然、選考は激戦となり、内定を得られないというケースもざらにあるため、もしものことを考えて、仕事をしながら転職活動をするなど、リスクヘッジをしながら転職活動をすることをオススメします。

では、どのような対策を取るべきなのでしょうか?

異業界・異職種ごとの選考対策

転職を希望する状況に合わせて何をするべきなのかを知っておきましょう!

ここからは具体的にどのような対策を取れば内定を得られるのかをまとめていきます。

同業界・同職種

最も転職をしやすいのがこのタイプです。これまでのキャリアや人脈などをフル活用できるため、企業としてもメリットが高いからです。対策としてポイントとなるのは「転職を希望する理由」「志望動機」の2点。同業界・同職種であるなら今の環境でも良いのでは?と思われるからです。この理由を上手く説明できないと「現在の職場で問題でも起こしたか?」と思われてしまいます。この懸念を払拭するためにも動機の部分を明確にアピールできるように準備をしておいてください。

同業界・異職種

意外に簡単なように思えて、実は難しいのがこのタイプです。同業界にいたということで業界の知識はあるものの、異職種となるとキャリアを活かせるかがわからないからです。そのため対策としてのポイントは「転職を希望する理由」「これまでの経験をどう活かせるか?」ということを説明できるようにしてください。特に転職を希望する理由については、現在の職場で社内での異動を希望することはできないのか?という疑問を抱かれますので、その点については明確な回答を用意しておくようにしてください。

異業界・同職種

実はかなり転職がしやすいのがこのタイプ。業界は違うものの、職種が同じということでこれまでのキャリアを存分に活かすことができます。選考では「その業界・会社を選んだ理由」「これまでのキャリアをどう活かせるかを?」を説明できるように準備しておいてください。企業としても違う業界からの人材が、会社に新たな風を吹かせてくれることを期待しているケースも多いです。同職種であれば、積極的に応募をしていってください。

異業界・異業種

一番転職の難易度が高いタイプです。専門的な知識・技術を要する場合はほぼ転職は不可能です。また、そうではない場合でも、簡単には内定は得られないと考えておくべきです。選考対策としては、とにかく「これまでのキャリアをどう活かせるか?」「企業に対して貢献できることは?」ということを積極的にアピールしてください。なかなか内定が取れずにくじけそうになるかもしれませんが、そこは諦めずに何度も挑戦していくように。でなければ内定は得られないと考えておいてください。

以上がそれぞれのパターンでの転職対策となります。

ここで説明した対策は、最も重要なポイントを説明しただけですので、
それ以外の質問に対してもしっかりと準備しておくことは忘れずに。

最後に、異業界・異職種に転職するときに
ぜひともアピールできるように準備しておいて欲しいことを教えます。

準備しておくべき3つのアピールポイント

異業界・異職種への転職を希望する場合に
これだけは事前に絶対考えておくべきポイントがあります。

それが以下の3つ。

  • キャリアプランに則していくこと
  • これまでの仕事との接点
  • 企業に対してどう貢献できるか?

この3点についてもう少し詳しく説明します。

キャリアプランに則していくこと

転職者に対して、企業が一番聞きたいことは
「なぜ異業界・異職種に転職をしたいのか?」ということです。

この質問の回答については、もちろん「好きだから」「やってみたいから」という理由もあるかもしれませんが、それにプラスして自分のキャリアプランを考えたうえでの転職であることをアピールするようにしてください。

一本、筋が通っている方が話の説得力を増し、信頼できる人間だと評価をしてもらえるのです。

これまでの仕事との接点

違う業界・職種に転職するからといって、これまでのキャリアが
全く活かせないというわけではありません。

これまでの仕事と新たな仕事との接点を探し出し、その点について、いかに実力を発揮できるかを
アピールできる
か、これが内定を手に入れられるかの大きな分かれ道になります。

どんな些細なことで良いので、接点を見つけ、キャリアを活かせることをアピールしてください。

企業に対してどう貢献できるか?

最後にどれだけ転職先の企業に貢献できるかをアピールできるように準備をしていてください。
これは異業界・異職種への転職に限らず、転職を成功させるうえで重要なことです。

異業界・異業種へ転職するためには、万全の準備を!簡単な気持ちでは内定は得られないと考えよう!

企業は転職者のキャリアを知りたいのではなく、そのキャリアを活かして、自社にどこまで貢献ができるかが知りたいのです。

アピールするポイントを間違えず、企業側が求めるような
貢献ポイントを考えておいてください。

まとめ(異業界・異業種に転職するなら相当な覚悟を!)

このページでは異業界・異職種への転職活動のやり方について説明をしました。
大事なポイントとしては

  • 異業界・異職種への転職は不可能ではないが、簡単でもない!
  • 業界ごとに転職のしやすさが違う
  • 4つのタイプごとの転職対策を考えておこう
  • 違う業界・職種に転職するときにはアピールするべきポイントを必ず押さえておこう

これらが転職をするために覚えておいて欲しいことです。

私は違う業界・業種にチャレンジすることに対して、決して間違っていると思いません。

むしろ、自分がやってみたいと考えているのであれば、
積極的に転職活動をして欲しいと考えています。

ただ、多くの人が転職活動の方法を知らず、闇雲に企業に応募しているだけとなり、
結局内定を得られないパターンにはまっているのも事実。

30代の転職となるとポテンシャルだけで採用されていた20代とは違うため、
異業界・異職種に転職することは難しくなります。

だからこそ、的確な転職活動の方法で、確実に内定を手に入れられるように
しっかりと準備を進めていってください。

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について