1. トップページ
  2. 会社で転職活動をするな

会社で転職活動をするな

転職するときに覚えておいて欲しいことが
会社では転職活動をしてはいけないということです。

実は会社で転職活動をするのは
非常に大きなリスクを伴うことになります。

ここではどのような行動に気をつけなければいけないのか?
また、どうやって転職活動をやるべきなのかを説明します。

職場での転職活動は禁止!その理由とは?

仕事に忙しい30代の転職者の方のなかには、
仕事や職場で転職活動をこっそり進める人も多いはず。

しかし、この行為・・・危険です。

なぜなら、仕事中に転職活動をしていることがばれると
あなたの職場での信頼・立場を失うことになりかねないからです。

企業は転職を考えている人に対して、大きな仕事を任せたり、
重要な役所をお願いしようなどとは考えなくなるからです。

万が一、転職をしなかったとしても、そのネガティブなイメージは
簡単に払拭することはできません。

つまり、転職をすることは絶対会社にはバレてはいけないのです。

では、どのような行動でバレてしまうのか?
注意すべきは以下の3つの行動です。

  • 社内のパソコンでメールやサイトの閲覧をする
  • エージェントや企業からの電話を受ける
  • 同僚に転職することを伝えてしまう

それぞれについて詳しく説明します。

社内のパソコンでメールやサイトの閲覧をする

まず一番気をつけないといけないのが、
社内のパソコンで転職に関するメールやサイトの閲覧をすることです。

ほとんどが知られていませんが、社内のインターネット環境は
管理人によって内容の確認をすることができます。

わかりやすく説明をすると、会社によっては上司が部下がどんなメールを送り、
ということをチェックすることができる
のです。

ここで、転職に関するメールやサイトを見ていたとすると、
すぐに転職をする意志があることを知られてしまうのです。

もちろん、全ての会社に対して言えることではありませんが、
社員を監視している会社があるのも事実であることは覚えておくべきでしょう。

エージェントや企業からの電話を受ける

気を使えないエージェントは転職者が仕事中にも関わらず、
求人の紹介や選考結果を伝えようと電話してくることがあります。

また、選考を受けた企業もいち早く次の面接日程を伝えるために
電話をかけてくるというケースは少なくありません。

この電話を上司や同僚がいる場所で受け取ってしまうと、
すぐに転職活動をしていることがばれてしまいます。

「壁に耳あり、障子に目あり」

ではありませんが、ここなら大丈夫だろうと思っていたとしても、意外と見られたり、
話を聞かれていることもありますので、くれぐれも行動には注意を払うようにしてください。

同僚に転職することを伝えてしまう

気に知れた同僚や同期の仲間であれば、転職をすることを
伝えても良いか・・・と思って話してしまうのも危険です。

いくら「まだ内緒にしておいてね」と伝えていても、
その同僚や同期がつい口を滑らせてしまう可能性はゼロではありません。

その話が、巡り巡って上司などの耳に入ったら・・・

誰かに転職のことを相談したい気持ちは痛いほどわかりますが、
具体的に転職先が決まるまでは、同じ会社の人間に対して、
転職活動をしていることを伝えるのは控えるようにしてください。

この3つが絶対やってはいけない行動です。

どの行動も120%ばれてしまうとは言いきれませんが、
それでもリスクが高い行動であることには変わりありません。

避けることができるなら避けるべきであることは
しっかりと覚えておいてください。

・・・しかし、となると仕事で忙しい人は転職活動ができない!?

そのような不安を感じた人のために
解決策を紹介します。

時間がない人のための2つの転職活動方法

どうしても仕事で転職活動に時間を割くことができない!
そのような人には以下の2つの方法をオススメします!

  1. 勝負は朝!朝就活をするべし!
  2. 任せられる部分は任せる!転職エージェントのフル活用を

それぞれについて詳しく説明していきます。

1.勝負は朝!朝転活をするべし!

まず、一番のオススメ時間は朝です。
特に毎朝ギリギリまで寝ている人は、この時間を使うのが極めて有効。

1日1時間だけ早く起きることができれば、単純計算でも
1ヶ月で約30時間は転職活動に時間を割くことができる
のです。

30時間あれば、求人情報を探すことも、履歴書を書くことも、
選考を受ける企業研究をすることも充分できますよね?

また、この時間に集中して取り組むことができれば、
仕事中は転職活動のことを気にせずに済むため、仕事にも悪影響を与えません。

最近「朝活」というのが流行っていますが、
朝転活(朝の転職活動)で効率よく転職活動を進めてください。

2.任せられる部分は任せる!転職エージェントのフル活用を

もう1つオススメしたいのが、
自分でやらなくても良いことは、人に任せてしまう!という方法です。

これは転職エージェントがやってくれることは、エージェントに任せてしまい、
自分でしかやれないことに集中をすることができる
というメリットがあります。

具体的には、選考を受ける面接日程の調整、選考結果の確認&次の選考日程の調整、
入社条件の交渉などです。

実は転職エージェントを利用することで、これらの作業は全てエージェントが代行してくれて、あなたはエージェントが提示する日程や条件のジャッジだけをすれば良いようになるのです。

実際に仕事に忙しい30代の転職者は、このメリットを得るために転職エージェントを
活用しているという人も少なくありません。

任せられる部分を人にパスすることができれば、あなたは選考で話す内容や
企業研究に集中することができ、より効果的に時間を使うことができるようになるのです。

これは是非ともオススメしたい方法です。

以上のように時間がないのであれば、自分の手で時間を作り出すということを
心がけて転職活動を進めるようにしてくださいね。

まとめ(時間がなくても職場での転職活動は禁止!)

最後にこのページで説明した内容のポイントをおさらいします。

  • 職場での転職活動は禁止
  • 転職をすることがバレると社内での立場を失う
  • 会社のパソコンでメールやサイトの閲覧をしてはいけない
  • 転職に関する電話は会社の人がいない場所で
  • 同僚・同期などへの相談・報告は内定先が決まってから
  • 朝の時間帯に転職活動をするのが有効
  • 転職エージェントに任せられるところは全て任せて時間を作ろう

以上が大事なポイントです。

転職活動をすることは決して悪いことではありません。
転職をしたいと考えたのであれば、積極的に転職活動をするべきです。

しかし、仕事に就いている場合は、今の会社のルールに則るべき
というのは一般的なマナー
です。

その最低限のマナーを守って、仕事の時間外に自分で時間を作ることによって
気持ちよく転職活動を進められるようにしてください。

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について