1. トップページ
  2. 履歴書・職務経歴書の書き方のルール

履歴書・職務経歴書の書き方のルール

転職活動において最初の関門となるのが書類選考です。

主に履歴書と職務経歴書によって転職者はふるいにかけられるのです。

ここでは履歴書や職務経歴書を書くときの
基本的な書き方について説明をします。

履歴書・職務経歴書を作成するときの注意点

転職を成功させるためには、まず書類選考に通過しなければいけません。
書類選考の狙いは2点。

  1. 募集対象と一致しているかのチェック
  2. 「この人に会ってみたい」という審査

この2点によって、多数の応募者をふるいにかけるのが書類審査の狙いになります。

では、具体的に採用担当者は何を見ているのか?
チェックポイントとしては以下の5つが挙げられます。

  1. 条件を満たす職歴(経験)があるか?
  2. 仕事に活かせる資格・スキルを持っているか?
  3. 志望動機にオリジナル性があるか?
  4. 文字は丁寧に書かれているか?
  5. 写真は好印象か?

それぞれについて簡単に説明します。

1.条件を満たす職歴(経験)があるか?

まずは基本的なチェックとして、募集条件にあっている職歴や経験があるかを確認します。条件に一致していない場合は不合格となる可能性が高いのは理解をしておいてください。

2.仕事に活かせる資格・スキルを持っているか

資格やスキルの欄については、仕事に活かせるものを持っているかをチェックしています。全然関係ないような資格を持っていても、実は転職先で役立ったり、求める人材条件に含まれている可能性もあるので、できる限り細かく書くようにしてください。

3.志望動機にオリジナル性があるか?

ここでのオリジナル性というのは、面白おかしく書かれているという意味ではありません。その企業のためだけに書かれた志望動機であるかが重要。他の会社でも使えるような志望動機に対して企業は魅力を感じません。

4.文字は丁寧に書かれているか?

最近ではパソコンで書類を作っている人も多いのですが、手書きで書類を作る場合には、文字を丁寧に書くように意識をしてください。特に年配の採用担当の人は「文字は人を表す」と考えている人もいます。文字のキレイさを無視することはできないのです。

5.写真は好印象か?

写真によって、その人の第一印象というのは大きく変わります。意外と多いのが、履歴書に白黒の証明写真を貼っている人です。白黒の写真を使っている人は全く魅力的な印象がなく、「うちの会社に入りたい気持ちがないのでは?」と思われます。使う写真にも気をつけましょう。

この5つを中心に履歴書・職務経歴書はチェックされますので、
しっかりと意識して書くようにしてください。

書くときに知っておくべき4つの常識

ここで書くときに知っておいて欲しい4つの基本的なルールについても説明します。
具体的には以下の4つ。

  • パソコンで準備してもOK
  • 写真には要注意!
  • 略称で書くのは禁止
  • 連絡先の記載間違いに要注意

それぞれについて詳しく説明します。

パソコンで準備してもOK

一昔前までは、書類選考用の資料は全て手書きでなければいけませんでしたが、
最近ではパソコンで作成したものでも問題ありません。

企業としてはパソコンで作成してもらうことで、その人のPCスキルを知ることもでき、かつ読みやすい文字で資料をチェックすることができるというメリットがあるためパソコンでの作成を認めているのです。

転職者にとっても、パソコンで作成することで簡単に修正&複製ができるというのは
大きなメリットと言えます。

手書きの場合、書き損じをしてしまうと修正液を使うことは許されず、全て書き直しを
しなければいけませんでした。しかし、PCであれば簡単に修正することができるので、
作業効率も大幅に改善される
のです。

とはいえ、パソコンで作成をすると、気軽に準備できてしまうためか、誤字脱字が増える
傾向があります。ですので、作成するときには誤字脱字にはくれぐれも注意をしてください。

写真には要注意!

先ほども説明しましたが、書類選考の写真が企業と転職者との
一番はじめの接触だと考えておくべきです。

そのため白黒写真を履歴書などに貼るのは絶対禁止!
それだけで選考の通過率が大幅に下がります。

多くの人がお金の負担を減らすためかスピード写真を使う傾向がありますが、
私はこれをオススメしません。

スピード写真のあの狭い個室の中で、明るい表情の写真を撮るのは至難の業です。
どうしても表情が暗くなり、印象も暗くなります。

ですので、写真を撮影するときは写真屋さんなどに行って、
明るい表情の写真を撮ってもらうようにしてください。

些細な違いに思うかもしれませんが、印象としては大きな差が生まれますので、
お金や時間をケチらずに写真屋さんなどで撮影をするようにしてください。

略称で書くのは禁止

転職活動で提出する書類も、一般的には正式な書類と言えます。

ですので会社名や団体名、資格名などを略称で書くのは常識外れ。
必ず正式名称で書くようにしてください。

特に書き慣れている名前については、ついつい略称で書いてしまうことが
ありますが、そのようなミスをすると「非常識な人だな」と思われてしまいます。

些細な部分にも細心の注意を払うように注意をしてください。

連絡先の記載間違いに要注意

一番最後に、必ず見直して欲しいのが連絡先です。
実は連絡先の記載ミスは意外に多いのです。

電話番号であれば、数字が1つだけ違っている。
アドレスであれば、アルファベットが一文字書いていない。

小さなミスに思うかもしれませんが、このミスによって、
企業から連絡をすることができず、結果、不合格となることも珍しくありません。

「そんなことあるわけ・・・」なんて思っている人は要注意!

書類を書き終えた後には、必ず連絡先の書きミスがないかの確認をしてください。

以上が履歴書・職務経歴書を書くうえでの大前提となるルールです。
必ず覚えておくようにしてください。

まとめ(書類を準備するときの基本的なルール)

このページでは履歴書・職務経歴書を書くときの基本的なルールを
説明させて頂きました。大事なポイントとしては

  • 書類選考では「この人に会いたい!」と思えるかのチェックがされる
  • 採用担当の視点を忘れずに制作をするように
  • 基本的な書き方の常識を覚えておくように
  • 些細なことでも、しっかりと意識して書類を準備しよう

以上が書類を準備するときに覚えておいて欲しいことです。

この基本的な書き方を覚えたうえで、今度は実際に選考に通過するための
書類の書き方を紹介していきます。

Next Step→合格する履歴書の書き方

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について