1. トップページ
  2. 転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録する

当サイトでは何度も紹介をしてきましたが、
転職を成功させるために、転職エージェンへの登録は不可欠です。

ここでは転職エージェントに登録するべき理由と、
どのサービスに登録するべきなのかを紹介します。

絶対外せないポイントですので、最低でもここだけは読むようにしてください!

どうして、こんなにも転職エージェントをオススメしているのか?

既に何度も説明していますが、
30代の転職において欠かすことができない存在。それが転職エージェントです。

転職エージェントとは有料職業紹介事業所と呼ばれるサービスであり、
一般企業が企業に転職者を紹介することでなりたっているビジネスのこと。

企業としては採用条件にあった転職者を紹介してもらえ、
転職者としては希望にあった求人情報を紹介してもらえる。

双方のニーズに一致した求人を紹介してくれるため、内定率も極めて高い!
はっきり言って使わない手はありません。

もちろん転職エージェントを使うべき理由は他にもあります。

  • 求人情報の約80%は転職エージェントが隠し持っている
  • エージェントの視点からあなたにあった求人も探して紹介してもらえる
  • 履歴書や面接のアドバイスをしてくれる
  • 企業風土・社内の雰囲気などを教えてくれる
  • 面接日程の調整をしてくれる
  • 年収や入社時期を企業の間に入って調整してくれる

これらのサービスを、なんと無料!で使うことができるのです。

転職エージェントを使わずに転職活動は成功できない!

もう一度言っちゃいます。
はっきり言って使わないという選択肢はありません!

特に仕事やプライベートで忙しい30代ともなると
転職活動に使える時間も限られたものとなるはずです。

だからこそ転職エージェントをフル活用することで
効率的かつスピーディーな転職活動をする必要があるのです。

転職を成功させるために使うべきエージェント会社はここ!

少し調べてみるとわかると思いますが、
世の中には転職エージェント会社が山のようにあります。

大手・中小・個人まで含めるとその数は数え切れないほど!
では数多く存在する会社の中から、どの会社に登録するべきなのか?

登録すべきはリクルートエージェントとインテリジェンス

まず最低でも押さえておくべきは大手2社。
それがリクルートエージェントインテリジェンス(DODA転職支援サービス)です。

「大手だとエージェントのサービスがイマイチなんじゃないの?」という声もあるようですが、
事実として「業界の大手=成功実績が多い」ということであり、大手のサービスを利用することは
確実に転職の成功率を上げることに繋がります。

また大手であればあるほど、各業界に精通しており、エージェントの経験も豊富。
このメリットを見逃すことはできません。

したがって、大手2社については必ず登録しておいてください。

リクルートエージェントを使うべき理由

リクルートエージェント

30代の転職者は必ずリクルートエージェントの利用を。ここを外したら転職の成功はありえない。

その中でも、まず私がイチオシするのが
"リクルートエージェント"です。

リクルートエージェントは業界最大手、求人情報数&成功実績No.1とエージェント業界で断トツの成果を残しています。

「リクルートエージェントは対応が悪かった・・・」という口コミもあるようですが、他社を圧倒している実績を出している会社は最低でも押さえておいておくべきです。

そもそも採用業界の暗黙の了解として
「R(リクルート系サービス)を使わなければ、人は採用できない」
ということが人事担当者の中では言われています。

新卒・第二新卒・それ以降転職者のほとんどが"必ず"リクルート系のサービスを利用しており、企業側は「より多くの人に求人情報を見てもらう=より質の高い人材を確保しやすくなる」という考えがあるために、リクルートのサービスを使う傾向が非常に高い!

企業としては「採用(人材)=会社経営の基盤」であり、採用の失敗は絶対許されない!

だからこそ、大手企業だけでなく中小企業からベンチャーまでも、
採用活動を成功させるために、リクルート系の求人サービスを必ず利用している。

つまり・・・リクルートエージェントに大量の求人情報が集まってくる!
これは必ず覚えておいてください。

余談・・・

一時期、採用業界がリクルートの独壇場となっていたため、リクルートの「殿様営業」がかなり目に付く時期があった。企業の採用担当も「リクルートさんは態度がちょっとね・・・」なんて言われる始末。

これが徐々に大きな問題となり、料金が安いマイナビに急激に追い上げられた時期もあったのです!(個人的には業界順位が変わるか!?とさえ思いました)

しかし、その急成長に調子を良くしたマイナビも殿様営業をするようになり不評が続出(笑)その間にリクルートが営業スタイルを見直したことで、問題は沈静化。結局、どこもリクルートの牙城を崩せないまま、今に至っているのです。

そんな業界の裏話などもありつつ、30代の転職ではリクルートエージェントへの
登録は100%欠かせないことを覚えておいてください。

インテリジェンスはキャリアコンサルタントのサポートが充実

DODA

エージェントからのアドバイスを受けるのであれば、DODAエージェントサービスがベスト!ここも外すことはできない!

そして、もう1社選ぶのであれば、
インテリジェンスが運営しているDODAエージェントサービスです。
(有名なバイト探しのanなどを運営しているのもこの会社です)

インテリジェンスは初期の頃から転職エージェント事業を展開しており、実績は業界内でもかなり豊富。

マイナビエージェントなど採用業界大手も事業を手がけているが、
まだまだインテリジェンスには追いついていないのが実情です。

実績が豊富ということもあり、この会社のエージェント(この会社ではキャリアコンサルタントと呼ぶ)からのアドバイスは非情に的確!評価も高い!

転職活動の相談にはもってこいの会社だと言えるのです。

イメージとしては、、

「豊富な求人情報を手に入れるためにリクルートエージェントを使い、
転職のアドバイスをもらうためにインテリジェンスを使う」

ということで、私はこの2社には必ず登録することを強くオススメします。
参考→30代の転職者が120%使うべき転職エージェント・サイト

3社以上の登録は使いこなせない可能性が非常に高い!

紹介した2つの会社に登録をした後に、それ以外の会社も登録することを考えても良いのですが、
あまりにも多くの会社に登録をしすぎると、今後はデメリットが目立つようになってきます。

具体的には、以下のようなデメリットが挙げられます。

  • エージェントから紹介される求人情報が多すぎて把握・管理できない
  • エージェントとの面談日程の調整などが難しい
  • 様々なアドバイスをもらいすぎるとどれをアピールすべきか悩むことになる
  • 面接日程の調整が難しくなる

このようなことを考えると1~2社に絞って使う方が、
効率的かつ効果的に転職エージェントを使いこなせるというのが経験値として言うことができます。

サービスは確実に使いこなしてこそ意味がある!
というのが私の持論です。

ですので、まずは2社に登録して、その状況にあわせて
プラスして登録するかを判断することをオススメします。

まとめ(転職エージェントの利用が成功を引き寄せる!)

ここでは転職エージェント使うべき理由と、
どのサービスを利用するべきなのかを説明しました。

大事なポイントをおさらいすると

  • 30代の転職には転職エージェントは欠かせない
  • 企業と転職者のニーズに一致した求人を紹介してくれるので内定率も高い!
  • 最低でもリクルートエージェントとDODAエージェントサービスには登録を
  • 3社以上の登録も悪くはないが、登録しすぎると各社との調整が難しくなり非効率
  • 2社に絞ってエージェントと密にコミュニケーションを取る方が良い

以上が重要な点となりますので覚えておいてください。

また、他のページでも転職エージェントについては詳しく説明をしています。

ぜひ、こられのページも読むようにしてください。

そして、転職サイトとエージェントに登録し、求人情報を集められれば
いよいよ選考を受けていく段階に進みます。

選考を通過するには、あなた自身の"魅せ方"を研究しなければいけません。
最後のステップではその方法について説明をします。

Next Step→選考を受ける

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について