1. トップページ
  2. 転職サイトに登録する

転職サイトに登録する

現在の転職活動において、転職サイトを使っての情報収集は
主流といっても過言ではありません。

そのため転職サイトを使わなければ、転職は成功できないとも言えるのです。

ここでは30代の転職者に必ず登録して欲しいサイトを紹介します!
ぜひ、参考にしてください。

転職サイトを使わなければ、求人情報は集まらない!

自分のやりたいことを明確にし、過去の仕事内容からあなたのアピールポイントを
固めることができたら、次はいよいよ求人情報探しです。

求人情報を探すのに使うべき媒体は以下の2つ。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント

この2つは転職を成功させるために必要不可欠!
(逆に言えば、これ以外の媒体は必要ありません)

このページでは登録すべき転職サイトについて紹介します。

転職サイトを利用することで得られるメリットは?

転職サイトというのはネット上で求人情報を探すことができるサービスです。

リクナビNEXT、マイナビ転職、[en]社会人の転職情報、@typeなどの
サービス名を聞いたことがある人も多いはず。

転職サイトのメリットとしては

  1. 全体の約20%の求人情報が集まっている
  2. いつでも自分で求人情報を探すことができる
  3. 好きな職種・業種の情報を探すことができる
  4. 企業側からスカウトされるケースもある
  5. ネット上から企業に簡単に申し込むことができる

これらのメリットから転職活動では欠かすことができない媒体と言えるのです。
では、どの転職サイトに登録をすれば良いのか?

ポイントは→→総合型2社+専門型1社

登録するサイトは多くても3社に絞ってください。

総合型と専門型ってなんなの?

私の見解ですが転職サイトは大きく2つに分けることができます。
それが総合型と専門型の2種類です。

総合型:どの職種・業界の求人情報も豊富に持っているサイト
例:リクナビNEXT・マイナビ転職・日経キャリアNET・DODAエージェントサービスなど

専門型:特定の職種・業界に対して強みを持っているサイト
例:@type・とらばーゆ・[en]社会人の転職情報・Find Job !・キャリアクロスなど

この2種類の転職サイトから2:1の割合で登録することによって、
あなたが希望する求人情報を効率的に手に入れることができるのです。

ちなみに、登録するサイトは3社に絞った方が良い理由はなぜ?

実は転職サイトに登録しすぎると、企業から大量にメールが送られてくるため、
情報の把握・管理をするのに負担がかかるようになります。

また、それぞれのID・PASSを細かく管理しなければいけなくなるのも
手間となるため、負担は増えるばかりです。

新卒採用時に、数多くの転職サイトに登録したものの、
最終的にはリクナビしか使わなかった・・・という経験をした人も多いのでは?

ということで、総合型2社+専門型1社の合計3社に絞り、
情報を効果的に取り扱えるのがベストなのです。

総合型はリクナビNEXTとマイナビ転職の2社で決まり!

総合型で登録すべき2社は決まっています。
リクナビNEXTとマイナビ転職の2社です。

はっきり言えば、これ以外の会社は登録する必要はありません。
この2つのサービスの特徴を説明しておくと、、、

リクナビNEXT

リクナビNEXT

ここがポイント!

言わずも知れた業界No.1の転職サイト。求人数は他社を圧倒しており、このサイトに登録しなければ満足いく情報を手に入れることはできないと考えてください。

採用業界においては「リクナビNEXTに登録しなければ人は雇えない」という暗黙の了解があるほど。そのため企業が負担する広告掲載料は高いものの優秀な人材を採用するために必ずこのサイトに求人を出しています。

公式サイト

マイナビ転職

マイナビ転職

ここがポイント!

業界No.2の転職サイト。広告掲載料が高いことを懸念している企業や、リクルートの殿様営業が嫌いな人事部が登録しています。

有名なサイトでありながら、リクルートよりも広告掲載料が安いため、こちらだけに登録している企業も多いため、リクナビNEXTと併用すれば、大半の求人情報を手に入れることができると言っても過言ではありません。

これ以外のサービスについては、申し訳ないですがあまり使う価値はありません。

企業もリクナビNEXTやマイナビ転職と併用して求人を出していることが多く、
登録する必要がないのです。

ですので、この2社については100%登録する必要があるということを理解しておいてください。

専門型はやりたいことに合わせて選べばOK

専門型については必ず登録しなければいけない!というわけではありません。
ですので、あくまでも補足レベルで登録すればOK。

各社の特徴としては以下の通り。

  • @type・・・IT系、クリエイティブ系
  • [en]社会人の転職情報・・・中小・ベンチャー系
  • キャリアクロス・・・外資系
  • とらばーゆ・・・女性の転職

専門型にも登録するのであれば、これらの会社から1社選べば十分。

なお、専門型は総合型よりも企業規模が小さいため、頻繁にメールを送ってくる傾向があります。そのため何社も登録するとそれこそ受信BOXがすぐにメールで溢れてしまうので、要注意!!

ハローワークや求人雑誌は使わない?

求人情報と言えば、ハローワークや求人雑誌をイメージする人もいるかもしれません。
結論を言えば、この2つは使わなくても問題ありません。

そもそも「仕事探し=ハローワーク」という考えは古いのです!

ハローワークは国が運営している職業紹介所で、無料で求人を掲載できます。
そのため、集まる情報は求人情報にお金をかけられない企業が大半。

はっきり言って、情報の質的にはあまり良くありません。

またハローワークはお役所仕事のため、あなたの仕事探しをサポートしてくれるわけではなく、あくまでも適正のある仕事を紹介してくるだけのため、転職支援サービスとしても満足いくものを得られる可能性は低いのです。

それ以外にも求人雑誌などもありますが、こちらはその地域のアルバイト情報やトラックの運転手、飲食店のスタッフ募集が大半。もちろん、それらの仕事に就きたいのであれば役立つかもしれませんが、申込みがほとんどが電話だったりするので、手間も時間もかかるというデメリットもあります。

つまり、求人雑誌を利用するだけ、時間の無駄と言うことです。

このような理由から
総合型2社(リクナビNEXT・マイナビ転職)+専門型1社の転職サイトを押さえておけばOK
といえるのです。

まとめ(転職サイトを使いこなして情報収集を)

このページでは求人情報について詳しく説明をさせていただきました。
大事なポイントを最後にまとめておきます。

  • 30代の転職者にとって転職サイトと転職エージェントは欠かせない
  • 登録するときのポイントは「総合型2社+専門型1社」
  • 多くのサイトに登録しすぎると情報過多になるので注意
  • 特にリクナビNEXTとマイナビ転職には100%登録を
  • ハローワークや求人雑誌は見なくてもOK

これらが転職サイトを使うときに覚えておいて欲しいポイントです。

転職サイトに登録して、掲載している求人情報を見ているだけでも
自分のやりたいことや、希望条件などをイメージすることができます。

365日24時間いつでも企業に応募をすることができるので、
絶対登録することを忘れないように!

そして、次のステップでは30代の転職活動では欠かすことができない
転職エージェントと会社の選び方について詳しく説明していきます。

Next Step→5th:転職エージェントに登録する←特に重要!!!

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について