1. トップページ
  2. 自分のやりたいことを明確に

自分のやりたいことを明確に

転職は自分でゴールを決めなければいけません。

転職のゴールというのは、どのような会社に、どういった条件で
入社をしたいか?ということです。

これから求人情報を探すときの軸ともなる大事なポイントですので、
しっかりとやりたいこと・就きたい仕事を明確にしてください。

ここで決めたゴールが、転職活動の軸となる!

転職活動の計画を立てたら、次は自分のやりたいことを明確にしていきましょう。

やりたいことというのは、
ズバリ!転職のゴールになります!

自分で転職のゴールを決めなければいけません!

この転職のゴールをできるだけ明確にすることで、どのような会社の求人情報を探し、選考を受けるべきなのか?ということを整理でき、よりスムーズに転職活動を進めることができるようになるのです。

ゴールを決めることは転職活動に限らず、仕事においても大事なことですよね。

ゴールが明確でない人材は、仕事で成果を上げることができない。
それは転職活動でも同様に言えることなのです。

企業もただ単に「転職をしたい」と考えている人材は求めていません。

「○○がしたい」「将来は××のような人材になりたい」という
明確なゴールを持っていなければ魅力を感じてもらえず、採用されないのです。

そのためにも、まず最初にあなたの転職のゴールを明確に描く必要があるのです。

転職のゴールイメージを作るために考えるべき4つのポイント

転職のゴールイメージを作るためには、
以下の4つのポイントを1つずつ考えていってください。

1.希望する職種は?
営業、マーケティング、広報、経理、財務、法務、人事など

2.希望する業界は?
金融、メーカー、医療・介護福祉、IT、エンターテイメント、建築、不動産など

3.企業規模は?
大手?中小?ベンチャー?従業員数は?上場しているか?福利厚生は?

4.勤務地は?
現住所?地元?Iターン?Uターン?

これらのポイントについて詳しく解説します。

1.希望する職種は?

まず一番初めに考えるべきなのが、今後どのような職種の仕事をしたいのか?
ということです。

具体的な職種一覧

営業、MR、企画、経理、総務、貿易、店長、小売、外食、ブライダル、ドライバー
専門職(コンサルタント、金融、不動産)、ITエンジニア(システム開発、インフラなど)
ITコンサル、アプリ開発、インフラ、電気、電子、機械技術者、素材、食品、医薬品技術者、
福祉、建築、土木技術者(設計、CAD、施工管理)
クリエイティブ系(広告、映像、Web、ファッション、インテリア)、講師、公務員、技能工
その他(技能工、教師・講師、通訳、団体職員)

これまでやってきた職種を続けるのか?
それとも違う職種にチャレンジがしたいのか?

当然、同職種間での転職は比較的成功しやすいですが、
違う職種への転職となると難易度がグンとあがります。

それでも自分のやりたいことに挑戦したい!という気持ちがあるのであれば、
難しい道のりになることを踏まえて転職活動に挑むようにしてください。

なお、希望職種は最低でも第3候補までは挙げ、
それぞれ希望する理由を簡単にまとめておくように!

転職活動を続けていくと、どうしてもゴールイメージがぼやけてきます。

そのようなときに初期の希望理由を振り返られるようにしておくことで、
いつでも最初のゴールイメージに立ち返ることができるからです。

2.希望する業界は?

職種が決まったら、次は希望する業界です。
具体的には以下の業界から選ぶようにしてください。

農業・林業・漁業/鉱業/建設業/製造業/電気・ガス・熱供給・水道業/
情報通信業/運輸業/卸売・小売業/金融・保険業/不動産業/飲食店,宿泊業/
医療,福祉/教育,学習支援業/複合サービス事業/サービス業/公務

では、どのように業界を選ぶべきか?
まずは自分の好きな業界から選んでください。

やはり、仕事をする上で大事なのはモチベーション。

モチベーションは、その仕事内容・商品・サービスが好きであるかどうか?
が極めて大きく左右するため、好きな業界を最優先すべきなのです。

・・・とはいえ、違う業界にいくというのは、環境が大きく変わることを覚えておいてください。

仕事内容だけでなく、社風・企業文化・給料・休日・ボーナスなどは
業界ごとで大きな差が出てきます。

わかりやすい例を挙げるならば、住宅メーカーは給料は高いが、土日休みではないケースが多い。
逆に食品メーカーは土日休みの会社が多いが、給料は住宅メーカーよりも低い、などです。

ですので、業界ごとの特色を事前にきちんと調べ、理解したうえで
転職をする業界の優先順位を決める
ようにしてください。

3.企業規模は?

職種と業界が決まれば、次は企業規模です。

日本人は大手志向が強く、大手から優先的に選ぶと考える人も多いはずです。
別にこの考えが間違っているわけではありません。

しかし、今の時代は大手企業だからといって安定しているとは言えません。

潰れないといわれた銀行や大手航空会社も経営破綻する時代。
その点についても考慮して考えるようにしてください。

また企業規模によって仕事の裁量権も大きく変わってきます。

中小やベンチャーの方が仕事の裁量権・決定権を多く持てるところが多く、
仕事のやりがいを重視するのであれば、中小やベンチャーに転職するのも決して悪くありません。

それに中小やベンチャーのなかでも従業員数が少ない会社であれば、
仕事の成果次第ではすぐに役職に就くことができ高い給料を得られる可能性もありません。

どのような働き方を求めるのか?
働き方をイメージしながら企業規模を考えてください。

4.勤務地は?

あなたが考えている以上に働く場所というのは
今後仕事を続けていくうえで重要なポイントになります。

30代となると両親の面倒を見なければいけなかったり、どこで子育てをするべきか?
ということも頭にちらついてくるはず。

また連日会社で寝泊まりできるような体力のあった20代とは違い
通勤時間なども考慮して勤務先を考える必要があるのです。

それ以外でもIターン・Uターンをするのも30代がラストチャンスだと考えておいたほうが良いでしょう。40代となると新たな地域で仕事探しをするのもかなり難しくなることも覚えておいておくべきです。

転職の希望条件をシートにまとめていきましょう!

こうしたことを真剣に考えたうえで、勤務地をどこにするのか?ということを決めてください。

以上が転職活動をするうえで、一番最初に考えなければいけないことです。では、このポイントを踏まえてキャリアプランをまとめていきましょう。

転職希望条件シートを書いてみよう!

先ほど紹介した4つの重要ポイントを踏まえて、転職希望条件シートを用意しました。

転職希望条件シート

★転職希望条件シートのダウンロードはこちら→ダウンロード

このシートに殴り書きでも良いので、希望条件を書き出してみてください。
そうすることで自然と頭の中は整理できるはずです。

頭の中に思い描いているだけではダメです。

頭の中のフワフワしたゴールイメージではなく紙に書き起こすことで、より具体的にしてください。

もし、自分のゴールイメージが作れない場合は・・・

今の環境を変えたくて、なんとなく転職を希望している。。。
という人も少なからずいるはず。

そのような人はこのやりたいこと(ゴールイメージ)を書き出すと、
ところどころ手が止まってしまうはずです。

このような場合には、友人や転職エージェントに相談してみてください。

なぜなら、人と話すことで自分の考えがまとまる可能性が高いからです。
(話していると自然と頭の中のイメージが言葉になっていきます)

特にオススメなのは転職エージェント。

エージェントは転職のプロフェッショナルであり、あなたがどのようなゴールイメージを持って
転職活動をすべきかを面談などによって具現化してくれるからです。
(事前にそのようにお願いをしておくと良いでしょう)

もし、それでもゴールイメージがわかなければ、今は転職をするタイミングではないと判断して、
現職を続けるのもあり。いや、むしろその選択の方が良い
です。

ゴールが不明確なまま突き進んでも、確実に途中で方向性に悩み、
自分の望むような結果を得られることがないからです。

ですので、ゴールイメージが沸かず自分ひとりで悩むのであれば、
人に相談して、やりたいことを明確にできるようにしてください。

参考:30代転職に120%欠かせない転職エージェント・転職サイト

まとめ(転職のゴールを明確にすることが成功の近道!)

最後にこのページで説明した内容をまとめます。

  • どのような仕事をしたいか?など、転職のゴールを作ることが重要
  • 転職のゴールを作ることで求人情報の探し方などが変わる
  • 希望職種は最低でも3種類は候補を挙げよう
  • モチベーション高く仕事ができる業界を選ぶように
  • 企業規模はどう働き方によって決めるように
  • 勤務地は人生設計を考えて!
  • ゴールイメージが沸かない場合には転職エージェントなど、人に相談するべし!

以上が自分のやりたいことをまとめ、
転職のゴールを作るうえで大事なポイントです。

何度も言っていますが、ゴールを作ることができなければ、
どこに進めばよいかわからず、転職活動の途中で進むべき方向に悩むことになります。

一度、進むべき方向に悩みはじめると当初考えていた希望条件から大きくハズレ、
納得できない結果に陥る可能性が高い。

そのようなことにならないようにするためにも、
スタートのタイミングでしっかりとゴールを作るようにしてください。

そして、やりたいことが明確になったら、次はこれまでのキャリア(経歴)を固め、
選考において何をアピールすれば良いかをまとめていきましょう。

Next Step→これまでのキャリア(経歴)を固めるへ

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について