1. トップページ
  2. 選考対策(書類・面接)をする

選考対策(書類・面接)をする

最後のステップは選考対策です。
選考に通過できなければ内定を手にすることができません。

ここでは選考にクリアするために最も重要なポイントを紹介します。

また、どのような対策を取るべきなのか?という
ことも紹介しますので、必ず読むようにしてください。

選考対策で最も重要なことは・・・???

最後は選考に向けての準備です。

選考は大きく分けて書類選考と面接の2つ。
この2つを通過すれば、晴れて内定となります。

重要なのは、30代の転職者にとって
選考こそが転職における最大の難関となるということ。

これまでいくら準備をしてきても、
選考で結果を残せなければ内定を手にすることができません。

転職エージェントを使わずに転職活動は成功できない!

では、結果を残すためには何をすれば良いのか?

必ず押さえておいて欲しいポイントが「見せ方」です。
企業が「採用したい!」と思わせるための見せ方に工夫が
必要となるのです。

特に20代の頃とは違い、
30代の転職活動ではこれまでの仕事のキャリア(経歴)が重視
されます。

つまり、いかにキャリアを魅力的に見せることができるか?
このポイントを意識することで合否の確率は全然変わってくるのです。

ここでは書類選考と面接における、それぞれの見せ方について説明します。

書類(履歴書・職務経歴書)はバランスが重要!具体的かつ見やすく書け!

まず書類選考について説明します。
書類選考で提出するのは履歴書と職務経歴書の2種類。

履歴書・・・
あなたの個人情報や学歴・経歴をまとめたもの。
特技や趣味なども書くところもあり、あなたの人間性(個性)を伝えるための書類。

職務経歴書・・・
過去の仕事の経験・実績をまとめたもの。
あなたの社会人・ビジネスマンとしての実力や経験を伝えるための書類。

この2つの書類を書くときに共通して大事となる"見せ方"が
「具体的かつ見やすく書く」こと!

特に大事なのが"見やすさ"
ここを意識していない転職者は多いです。

転職者のなかには「選考では自分をアピールしなければ!」と
考えて、自分のキャリアやエピソードを事細かく書こうとする人がいます。

なかには、字が小さすぎて潰れてしまっているような人も・・・

では、それを人事部が一言一句読むか?というと、答えはNo!

あまりにも具体的すぎて長い文章は読む気にもならないですし、
細部まで読むだけの時間を人事部は持ち合わせていません。

長い文章を見たとたん「はぁ、面倒だな・・・」と思われ、
転職者がどこをアピールしたいのかがわからず、印象に残らないのです。

もちろん、結果は、、、不合格です。

逆に見やすいようにと、あまりにも文章量が少ないのもNG!

書類選考で提出する資料は「見やすさ」を重視すべし!

内容が乏しいと、今度は逆に「この人はキャリア・実績がないのか・・・」という判断をされてしまうのです。また、文章が短すぎると「やる気がない」ともとらえられてしまうので、そのバランス感にも要注意!

このバランスを意識して、具体的かつ見やすく
書くことを意識してください。

具体的な書き方については、以下のページで詳しく説明しています。
書類を作成する前には必ず読むようにしてください。

面接を通過するための6つの自己演出ポイント

書類選考に通過をしたら、次は面接。

面接では直接企業の人と会い、あなたをアピールする場です。
ここでも大事なのは見せ方なのは言うまでもありません!

企業が「採用したい!」と思ってくれるように
どれだけ自分(とキャリア)を演出できるかが勝敗の鍵となります。

ここでどのように自分を演出するべきかを
6つのポイントでまとめてみました。

それぞれの内容は、個別のページで説明しますので、
面接を受ける前には、最低1回は目を通すようにしてください。

面接はコミュニケーションの場でもあることを忘れずに!

そして、もう1つ大事なことがあります。
それが「面接はコミュニケーションの場」だということです。

この言葉を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、
極めて大事なポイントとなります。

わかりやすく言うと、以下の人はコミュニケーションが取れていません。

  • 自分をアピールしようと長々と話をする
  • 相手の質問に対して、的確に返答することができない
  • 相手が答えやすい質問をこちらから投げかけない
  • 自分の要望ばかりを伝えて、企業側のニーズに応えようとしない

このような人はまず不合格になります。

よく転職系のサイトで「コミュニケーション能力が重要!」ということが書かれていますが、
そのコミュニケーション能力をチェックするのが面接の場です。

その結果によって「うちの会社に来ても、社員に溶け込むことができ、
スムーズに仕事をしてもらえるな」
という評価を得られるかが決まるのです。

ですので、面接が自己満足の場にならないように!

話はわかりやすくコンパクトにまとめ、相手の会話のペースに応じて回答をしていくことを
心がけてください。

以上が選考において、大前提として覚えておいて欲しいことです。

最初の段階で、このポイントを知らなければ、どれだけ魅力的なキャリアがあっても、
大半が不合格となってしまいます。それほど重要なポイントです。

面接官に自分をよりよく見せるためにも、選考を受ける前に、
自分の見せ方を徹底的に研究して選考に臨むようにしてください。

そうすれば、必ずあなたの希望通りの転職活動はできます!
1つ1つ丁寧に転職活動を進めていってください。

使うべきサービスはこれだ!

転職を成功させる6ステップ

転職エージェントについて

転職の基礎知識

職種別の転職対策

書類選考対策

面接対策

サイト運営について